婚約指輪で最高のプロポーズ~このデザインで成功~

指輪

重要性を知る

婚約指輪の意味

指に指輪をはめる

婚約指輪とはエンゲージリングとも呼ばれ、婚約を決めたカップルの男性が女性へと贈る指輪のことを指します。 婚約指輪では、固い絆と純粋な愛を象徴する石であるダイヤモンドが使われたリングを贈ることが多く、美しい装飾をされているリングが多いですが、最近では日常的に使う人も増えているので、結婚指輪と重ねてつけられるようなデザインも人気です。 婚約指輪の歴史は非常に古く、古代エジプト時代にまでさかのぼります。 左手の薬指にリングがつけられるのは、そこが心臓と繋がり、愛のパワーが宿る場所とされていたからです。 婚約指輪の相場はよく「給料の3か月分」と言われていましたが、実際には20万〜40万ほどとされています。婚約指輪を贈るタイミングはカップルによって様々ですが、プロポーズや結納の時に贈る人とても多いと言われています。

婚約指輪の今後

婚約指輪は、プロポーズの際に結婚の証として必要になって来るものであり、多くの人が購入しています。また、ジュエリー会社では婚約指輪を販売していますが、毎年違うデザインを発表しているために人気を集めています。 婚約指輪の今後の予測としては、男性に特化した婚約指輪のデザインが開発されると言う事が挙げられます。普通は、男性が女性にプロポーズをするといった事が主流でしたが、最近では女性が男性にプロポーズをする事があるために、男性用の婚約指輪を開発するジュエリー会社も少なくありません。 また、婚約指輪の価格が下がる事も予測されており、加工技術の進歩や原価をかけずに指輪を作ることが出来る様になったために、今よりも少しは安くなるとされています。